好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以下EGPA)では、呼吸器・神経・皮膚・耳鼻など多くの臓器に症状が出現し、患者さんが受診する診療科もまちまちです。そこで、日頃EGPAの診療に携わっている医師、また専門医の方々に、その臨床像や医療連携の実際についてお聞きしていきます。
 今回は、基礎疾患として最も多い気管支喘息(以下、喘息)を診療している呼吸器内科のエキスパートとして、 新潟大学医歯学総合病院医科総合診療部病院教授(呼吸器内科学)の長谷川 隆志先生にご登場いただき、同病院・脳研究所 神経内科において神経症状の診療に当たっている病院講師の河内泉先生とともに、呼吸器症状および神経症状の両面からEGPAについて語っていただきました。
EGPAを見逃さないために

ANCA関連血管炎.com トップ