好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以下EGPA)では、呼吸器・神経・皮膚・耳鼻など多くの臓器に症状が出現し、患者さんが受診する診療科もまちまちです。そこで、日頃EGPAの診療に携わっている医師、また専門医の方々に、その臨床像や医療連携の実際についてお聞きしていきます。
 今回は、高知医療センター整形外科において救急搬送された患者さんがEGPAと診断された症例などを取り上げ、診療に当たった同センター整形外科の時岡孝光先生、および呼吸器内科の浦田知之先生のお二人から、EGPAの的確な診療のポイントや、適切なコンサルトのしかたなどについてお話しいただきました。
EGPAを見逃さないために

ANCA関連血管炎.com トップ