好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以下EGPA)では、呼吸器・神経・皮膚・耳鼻など多くの臓器に症状が出現し、患者さんが受診する診療科もまちまちです。そこで、日頃EGPAの診療に携わっている医師、また専門医の方々に、その臨床像や医療連携の実際についてお聞きしていきます。
 今回は、基礎疾患として最も多い気管支喘息(以下、喘息)を診療しているエキスパートとして、広島アレルギー呼吸器クリニックの理事長/統括院長である保澤総一郎先生にご登場いただき、EGPA患者の喘息管理や診療上の留意点などをお伺いしながら、EGPA診療におけるプライマリケア医の役割についてお示しいただきました。

ANCA関連血管炎.com トップ